IT活用と地域コミュニティで自立と安心、安らぎをつかもう!

年金増税格差医療消費税外資資産運用グローバル化・・・

TOPへ

はじめに

収益ビジネスをテーマの一つに入れた理由は多くの人が今月の利益をどうするか?
という目先の日々に追われるケースが多く、ITの活用や勉強はしないといけないのはわかっているが、余裕がない、時間が取れない、またお金が、という現実的な問題が先を見越した準備に壁を作っています。

やはり生活の糧が不安だと前向きな気持ちになれない。それを補うのが収益ビジネスの挑戦です。

挑戦といっても大それた事でなく、今の動きの中で、たいていが無理なく簡単にできる商材でないと無理で、営業展開ツールもそろっている事が理想です。

ビジネスとは顧客創造に他なりません。更には顧客創増が望まれます。

顧客を創るには、喜ばれるモノ、サービスを生み出す、売るのどちらかです。生み出す部分は資本、技術は不可欠で簡単ではありません。多くは販売に従事する事になります。

モノ、サービスを売るには良いモノ、喜ばれるサービス、利益も確保できる事、それを見極めると共に、効果的、効率的に伝える事が必要です。

しかしそれをクリアしたとして、最後は競争がまっています。価格が重要な要素をしめますが、そうなると資本力が勝負です。このステージでは多くの中小零細個人の苦戦は残念ながら明白です。
そこでもう一つの販売方法があります。

在庫を抱えない、売り上げ集金管理、配送管理業務をアウトソーシングして、見極めた商材の営業、広報、伝達だけに徹する。資本力に左右されない、個人でも顧客の囲い込み(安定売り上げ)が期待できる販売手法(MLM)です。

そのMLMとはマーケティング用語でMulti-Level Marketing (マルチ・レベル・マーケティング)の略です。

同意の連鎖販売取引は「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第33条で定義される、販売形態(業態)です。

アメリカでは"Multi-level marketing"あるいは"network marketing"と呼ばれ、日本では一般的に「ネットワークビジネス」と呼ばれています。

特定商取引法を守らない違法なやり方が、マスコミなどを賑わしこの手法のイメージを下げています。しかし、直販、卸と同じく一つの流通形態として根付いています。

中小零細個人こそこの手法をよく研究し、すばらしい主催企業や商材を見極めて、連携することで収益、市場の確保につなげることが可能です。

更には
⇒実践者専用入り口
他のネットワークにお取り組みの方へ

ネットワークは財産

MLMは集客、販促ツール  

良い商品があればそれは販路づくりにつながります。良いシステムがあれば、顧客の固定化につながります。

良い人間関係、パートナーシップを創れれば、収益、継続的な財産につながります。

どんな会社を、ビジネスを選び、どう展開したら良いのか?

MLMの活動はヒューマンリレーションです。人と人との信頼、コミュニケーションが重要です。

その中にITの活用は?
差別化はどのようにしたら良いのでしょうか?? そちらについて様々な情報を収集分析して整理しました。

↓↓↓↓
お役に立てば幸いです
年金増税格差医療消費税外資資産運用グローバル化・・・
a:1658 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.17
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM